カトリック大阪大司教区

 

第2回祖父母と高齢者のための世界祈願日にあたっての企画

2022年7月1日

教区の皆様

大司教 前田 万葉

 

+主の平和

 昨年から7月第4日曜日は祖父母と高齢者のための世界祈願日とされています。7月26日の聖マリアの両親聖ヨアキムと聖アンナの記念日に近い主日に祝われるこの祈願日にあたって、教区として次の企画を計画しています。

 7月24日(日)午後2時より、ドムスガラシア(園田教会横のサービス付き高齢者向け住宅)のチャペルにて、酒井司教と入居者によるロザリオの祈りの集いを行い、それをライブ配信します。(QRコードは下)。

 今年の祈願日にあたって、バチカン内赦院は「この日に適切な時間を割いて、困っている、あるいは困難な状況にある高齢の兄弟姉妹(病人や孤独な人、障がい者など)を直接またはメディアを通じて訪問する信徒に、全免償を与えます」という教令を発表しています。

 この教令も含めて、この企画の詳細は【『大阪カトリック時報』7月号第1面】に掲載されています。ぜひ皆様でご参加ください。


以上 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カテドラル雨水配管改修工事終了のお知らせ

2022年7月1日

教区の皆様

事務局長 崔周永

  +主の平和

 2022年6月10日(金)より実施しておりましたカテドラル雨水配管改修工事が7月1日(金)に終了し、完成となりました。 工事期間中、教区の皆様におかれましては、ご理解・ご協力をいただき誠にありがとうございました。 今後ともよろしくお願い申し上げます。

以上

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2022年度 人事異動(第三次) 及び 小教区・ブロック司牧人事表の送付

2022年6月16日

教区の皆様

大司教 前田 万葉

 

+主の平和

 復活節も終わり新緑の輝きに夏の訪れが近づいていることを感じるこの頃ですがいかがお過ごしでしょうか。

 新しく司牧に協力いただくことになりましたシスターの人事異動を発表いたします。

 <大阪北地区>
   Sr.エンシソ・アルダナ・グロリア → 大阪梅田教会 協力


 また、以下に「2022年度小教区・ブロック司牧人事表」を掲載いたします。皆様とともに歩みながら、神の国の実現に向けて進んでまいりましょう。

【 2022年度小教区・ブロック司牧人事表<PDF>


以上 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カテドラル工事に伴い6月14日から7月1日(予定)
一部スロープが通行できなくなる お知らせ

2022年6月7日

教区の皆様

事務局長 崔周永

  +主の平和

 カテドラル雨水配管改修工事を6月10日から7月8日(予定)で行う事になりました。ゲリラ豪雨時に雨水が、廊下やトイレに入る事が年に何度も発生しており、その対策工事になります。
 作業範囲にフェンスバリケード設置を行いますので迂回路を通って頂く事になります。地下ホール、納骨堂、ホール横のトイレへのスロープは6月14日から7月1日(予定)で通行が出来なくなります。
 大変申し訳ありませんが、段差がある通路で納骨堂などに行く事は出来ますが補助者が必要になりますので、訪問を延期して頂くなどのご対応をよろしくお願い致します。
 カテドラルを今後も永く使い続ける為の工事ですので、ご理解ご協力をよろしくお願い致します。

以上

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

シノドス意見聴取まとめの送付

2022年5月27日

教区の皆さま

シノドス担当チーム

担当司祭 ヌノ リマ

 +主の平和


 新緑が鮮やかに色づく季節となりましたがいかがお過ごしでしょうか。


 2021年10月27日付でシノドス質問票を送付させていただき、300通を超える回答が届けられました。コロナ禍のため、分かち合いをしての回答は難しく個人での回答が多く寄せられました。皆さまのご協力に御礼申し上げます。いただいた回答を取りまとめ、司教協議会へ提出するまとめが完成しましたので、お送りいたします。皆さまからいただいた貴重な意見や思いは、今回お送りするまとめには収まりきらないものでした。これからの福音宣教を考える際に生かしていきたいと思います。


 第16回通常シノドス(世界代表司教会議)に向けた動きは次の段階へ移行していきます。私たち教区の意見を司教協議会が取りまとめて、日本の意見として届けられます。私たちひとり一人の思いが、第16回通常シノドスの場で重視され、未来に向かってより豊かな教会となる道標となるように願っています。


 あらためて、皆さまのご協力に感謝を申し上げ、第16回通常シノドスの成功を祈ってまいります。


【 シノドス意見聴取まとめ <PDFダウンロード>


感謝と祈りのうちに

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

地区長・委員長について

2022年5月26日

教区の皆様

大司教 前田 万葉

 

+主の平和

 街路樹の若葉はすっかり生えそろい、緑が一層深くなってまいりました。コロナウイルス感染症への対策は生活に根付き、新しい生活様式の中で徐々に感染拡大前の生活を取り戻そうとしています。

 さて、2022年6月1日~2024年5月31日迄を任期とする地区長と委員長及び担当者を発表いたします。新しい地区長や委員長のもとで、それぞれの活動を充実させ福音宣教に務めていただきますようにお願い申し上げます。 以下に委員長と各担当者を発表いたします。

【 委員長・担当者一覧<PDF>


 新しく地区長と委員長及び担当者になられる神父様方、どうぞよろしくお願いいたします。

 地  区  長 


 和歌山地区  パウロ・セコ
 岸和田地区  イポリト・ヴィタ
 大阪南地区  酒井 淳
 大阪北地区  長崎 壮
 北摂地区  野田 正弘
 阪神地区  和越 敏 (※5/27選任)
 神戸地区  赤波江 豊
 姫路地区  大久保 武

以上 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

和歌山紀北教会献堂式のお知らせ

2022年5月25日

教区の皆様

大司教 前田万葉

 +主の平和


 長引くコロナ禍、如何お過ごしでしょうか。コロナとも長い付き合いになり、政府による規制の緩和による解放感と緊張感を緩めてはいけないという気持ちの矛盾した感情の競り合いで、より疲れる時期を余儀なくされているかもしれません。しかし、希望は消え失せることを知りません。神様のみ言葉を生きていくわたし達から、復活による希望を奪い去ることはできないのです。


 本日は皆さまに新しい希望を喜びのうちにお伝えいたします。この度、和歌山紀北教会の新しい聖堂が、2022年6月4日に献堂式を向かえることになりました。2019年10月1日から献堂に向けての準備が進み、神様のみ言葉の住処、祈りの場として完成に至りました。


 お祈りでもって、新しい聖堂を通しての、神様と神の民との、その美しい宴を暖かく見守っていただければ幸いです。


感謝と祈りのうちに

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

使徒職養成委員会の学習会

2022年5月24日

教区の皆様

大阪教区 使徒職養成委員会
委員長 パウロ・セコ

 

+主の平和

 まだまだ感染拡大防止のための注意は必要になりますが、感染対策に十分に配慮し、使徒職養成委員会主催の学習会を行うことになりました。

 パンデミックや戦争に翻弄される世界で、シノドスの精神(交わり・参加・宣教)をわたしたちはどう生きていくべきかを、カトリック教会のカテキズムから読み解く学習会です。


使徒職養成委員会学習会 「カテキズムから読み解くわたしたちの教会」


  • 日時:2022年7月2日(土)14:00~16:00
  • 場所:サクラ ファミリア
  • 講師:酒井俊弘司教

 ※参加無料、事前申込は不要です。どなたでもご参加ください。

 ポスター 【ダウンロード
 YouTubeライブ配信 URL:
https://www.youtube.com/watch?v=KMiR14DhFgA


以上

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2023年度 大阪教区神学生志願者のための申込案内

2022年5月19日

教区の皆様

新司祭・神学生養成委員会

委員長 赤波江豊

  +主の平和

 大阪教区の神学生を志願する方は所属小教区主任司祭(または指導司祭)に申し出て、主任司祭(または指導司祭)と共に以下の案内に従って手続きを進めてください。

  1. 「東京カトリック神学院入学要綱」を教区事務局長に申込み、「入学要綱」にある受験に必要な書類を手配してください。

  2. 志願の理由2022年7月末日までに書面にて、教区長に提出してください。受験に必要な書類の中で身上調査票7月末日までに 教区長に提出してください。

      ※身上調査票記入時の注意
       身上調査書の年月日はすべて西暦で記入。
       学歴の欄は、小学校から最終学歴まで記載。
       職歴にアルバイトは含みません。

    その他の書類の提出期限(9月30日)については教区事務局長の指示に従ってください。

  3. 主任司祭(または指導司祭)は推薦状7月末日までに、教区長に提出してください。推薦にあたっては、志願者が以下の条件を備える者であることを確認してください。

      ① 22歳以上の独身男性であること。
      ② 受洗後2年以上カトリック信者の生活をしていること。
      ③ 堅信を受けていること。

    ※提出書類で上記2、3、の「教区長」宛ての文書も含め、すべて封書での宛先は「教区事務局長」宛でお願いします。

  4. 教区神学生養成担当委員会による面接を受けてください
    2022年8月教区事務局にて
     ※詳細は本人に連絡します。

  5. 教区長の面接を受けてください
     神学生養成担当委員会の面接に合格した者は、9月中に教区長の面接を受けてください。
     ※詳細は本人に連絡します。

  6. 教区内で開催される各種の召命の集いには必ず参加してください
     ※詳細は後日連絡します。 

  7. 東京カトリック神学院受験
    「入学要綱」参照
    今年の試験日は12月8日(木)15時頃~11日(日)昼前の予定で、東京カトリック神学院にて行なわれます。試験期間が長期(数日)に及ぶので、受験生の勤務などの都合により、継続して滞在できない場合には、神学院受験生係に相談してください。

以上

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

第14回 ペンテコステ ヴィジルのお知らせ

2022年5月9日

教区の皆様

カトリック大阪大司教区
エキュメニズム委員会
委員長 ロッコ・ビビアーノ神父

  +主の平和

 薫風の候、皆様には主の復活節を喜びのうちにお過ごしのことと存じます。いつも大阪大司教区のエキュメニズム活動をご支援いただきありがとうございます。

 さて、コロナウイルスによる感染症のため中止されていた聖霊降臨祭前晩が2年ぶりに再開されることになりました。私たちカトリック大阪大司教区の信者は、日本聖公会、日本福音ルーテル教会、日本基督教団の兄弟姉妹と共に集まり、復活されたキリストの聖霊を受けたことを共に感謝します。つきましては次のようにお知らせいたします。



日時  :  6月 4日(土)17:00〜18:15
会場  :  日本聖公会大阪聖パウロ教会
(〒530-0013 大阪市北区茶屋町2-30)

 掲載いたしましたポスターを掲示していただき、小教区や修道会の皆様に参加を呼び掛けていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

 当日、皆様に会えることを楽しみにしております。


感謝と祈りのうちに

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2022年度 ・第1回 諸宗教対話活動

2022年5月9日

教区の皆様

カトリック大阪大司教区
諸宗教対話委員会
委員長 ロッコ・ビビアーノ神父

  +主の平和

 若葉の美しい季節となりましたが、皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。平素から大阪大司教区諸宗教対話委員会の活動に対してご理解とご協力をいただきまして誠にありがとうございます。

 新年度が始まりましたので、当委員会の2022年度の活動についてお知らせいたします。今回資料を2つ掲載します。


 1.諸宗教対話委員会「2022年度活動案内のパンフレット」ダウンロード

 2.2022年度第1回諸宗教活動のチラシダウンロード


 コロナ禍がまだ完全に治っていませんので、本年度の詳しいプログラムを決めるのが難しいですが、決まり次第いつものようにお知らせいたします。

 さて、第1回諸宗教対話活動のご案内させていただきます。



題名  :  仏教との対話:黄檗宗(おうばくしゅう) についての講話
日時  :  2022年6月3日(金)18:30〜20:00
会場  :  カトリック大阪大司教区 司教館(1階)
講師  :  隆琦章光(おもき しょうこう) 住職
内容  :  黄檗宗は、臨済宗、曹洞宗とならび日本における禅宗の第三宗派と呼ばれることもあります。今回は、大阪の天王寺にある黄檗宗清寿院の住職から黄檗宗について学びます。

 掲載しましたパンフレットとチラシを掲示していただき、教会と修道会の皆様に、イベントの紹介と参加を勧めてくだされば、ありがたく存じます。

 それでは、6月3日に、お会いできることを楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。


祈りのうちに

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大分教区司教叙階式日程のお知らせ

2022年5月9日

教区の皆様

事務局長 崔周永

  +主の平和

 風にそよぐ木々の緑のまぶしい季節をむかえましたがいかがお過ごしでしょうか。

 早速ですが、大分教区よりスルピス森山信三被選司教様の司教叙階式についてお知らせが届きました。新型コロナ感染が続く中での開催となるため、参加者数の制限を行って開催するそうです。日程などは以下の通りです。


日時 : 2022年7月3日(日)午後2時
場所 : J:com ホルトホール大分
司式 : ペトロ中村倫明大司教

 ※なお、叙階式はライブ配信されます。URLは、日時が近づきましたら大分教区HPに掲載されますのでご確認ください。

 新しい牧者をむかえる大分教区のためにお祈りください。

以上

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

訃報 パトリック・クラーク師(聖コロンバン会)

2022年5月6日

教区の皆様

事務局長 崔周永

  +主の平和

 聖コロンバン会より パトリック・クラーク 神父様の訃報が届きましたのでお知らせいたします。アイルランドのダルカン本部のホームにおいて4月26日に帰天されました。享年91歳でした。大阪教区では新宮教会にて司牧に携われていました。
 神父様の永遠の安息のためにお祈りください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以上

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

訃報 ノエル・ドイル師(聖コロンバン会)

2022年5月6日

教区の皆様

事務局長 崔周永

  +主の平和

 聖コロンバン会より ノエル・ドイル 神父様の訃報が届きましたのでお知らせいたします。アイルランドのダルカン本部のホームにおいて4月15日に帰天されました。享年86歳でした。大阪教区では龍神教会にて司牧に携われていました。
 神父様の永遠の安息のためにお祈りください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以上

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

信仰養成講座・カテキズム第3編 中止のお知らせ

2022年4月19日

教区の皆様

教区本部事務局
事務局長 崔周永

 +主の御復活おめでとうございます。


 来る4月28日午後6時30分よりサクラファミリアにて開催予定でした「信仰養成講座・カテキズム第3編」(担当:酒井俊弘補佐司教)は、担当者の都合により中止となりましたので、お知らせいたします。

 直前のお知らせになりましたことをお詫びいたします。なお、次回5月26日は予定通りに行われます。

 以上

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2022年 聖香油ミサについて

2022年4月7日

教区の皆様

教区本部事務局
事務局長 崔周永

 +主の平和


 新型コロナウイルスによる状況はまだ厳しいと存じます。その渦中でも、春は訪れ、今年も教会で使う尊い油を聖別する聖香油ミサが、4月13日(水)午前11時、大阪カテドラル聖マリア大聖堂にて行われる予定です。司祭叙階経年、金祝を迎えられた新田壮一郎神父様(オプス・デイ)、銀祝の髙橋聡神父様(大阪教区)お二人のお祝いもいたします。

 公開ミサですが、350人の人数制限を設けています。参加なさる方々は新型コロナウイルス感染予防の対策を徹底した上でご参加ください。現況から人数制限をご理解いただき、共に集うことは難しいですが、それぞれの場所で一緒に祈っていただきますようにお願いいたします。


 教会は皆様のお祈りに頼りながら力強く歩み続けることでしょう。神様の豊かな祝福がありますようお祈りいたします。

 以上

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大分教区新司教任命のお知らせ

2022年4月5日

教区の皆様

大司教 前田万葉

 +主の平和


 使徒座から大分教区司教の任命について発表がありましたので、喜びのうちにお知らせいたします。


 教皇フランシスコは、これまで空位が続いていた大分教区の司教として、スルピス森山信三(もりやま・しんぞう)師 を任命されました。


 森山師は、1959年1月17日に生まれ、現在63歳になります。福岡教区にて1988年3月21日に司祭叙階の恵みを受け、司牧に務められていました。教区内では震災被災者支援室の責任者なども担われていました。2021年4月からカトリック中央協議会事務局長を務められています。



 なお、略歴や司教叙階式日程がわかりましたら、改めてお知らせいたします。新司教を迎える大分教区のためにお祈りください。


感謝と祈りのうちに

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

新しいミサの式次第と奉献文について

2022年4月4日

教区の皆様

大司教 前田万葉

 +主の平和


 いよいよ来週に聖週間を迎える週に入りました。復活祭に向けての最後の準備に努めてまいりましょう。


 さて、今年の待降節第1主日(11月27日)より適用されます新しいミサ式次第と奉献文について、各小教区・共同体などで今後周知・練習等が行われていくことと思います。 この式次第と奉献文の中には選択可能な箇所が多くありますが、選択肢の中からどれを選択するかは、典礼暦やそれぞれの状況に合わせて、現場の責任者が判断してください。 しかしながら、教区や地区・ブロックなど小教区や共同体を越えて行われるミサにおいては、会衆の応答において混乱することがありえます。 そのような事態を避けるために、教区ミサにおいては、会衆が答える部分を伴う選択に関しては、原則として以下の通りとすることをお知らせしておきますので、ご了解ください。


 なお、以下の数字部分は『新しい「ミサの式次第と第一~第四奉献文」の変更箇所』(2021年10月20日カトリック中央協議会発行)の該当ページです。



  1. 回心の祈り:第一形式(18-19)、会衆「アーメン。」

  2. いつくしみの賛歌(キリエ):第一形式(24)、会衆「主よ、いつくしみをわたしたちに」…。

  3. 信仰宣言(29-31):四旬節と復活節中は使徒信条、それ以外はニケア・コンスタンチノープル信条。

  4. 奉献文中「信仰の神秘」への応唱(43、50、56、64):会衆「主よ、あなたの死を告げ知らせ、復活をほめたたえます。再び来られるときまで。」

  5. 拝領前の信仰告白(71):会衆「主よ、わたしはあなたをお迎えするにふさわしい者ではありません。おことばをいただくだけで救われます。」

  6. 司教が司式するミサでの派遣の祝福(74):司教「主は皆さんとともに。」会衆「またあなたとともに。」司教「主のみ名がいつもたたえられますように。」 会衆「いまよりとこしえに。」司教「主のみ名はわたしたちの助け。」会衆「主は天地の造り主。」司教「全能の神…。」会衆「アーメン。」


 なお、新しいミサ式次第と奉献文の変更箇所についての解説は、昨年10月24日にオンラインで行われた教区典礼研修会(講師:カトリック中央協議会典礼委員会秘書、嘉松宏樹神父)の動画を以下から見ることができますので、皆様の現場における説明などの機会にぜひ参考にしてください。


 大阪大司教区ホームページ→典礼委員会→典礼研修会(2021年度)


 URL: https://www.youtube.com/watch?v=LTz6hxPY6VE


 また、大阪カトリック時報にて今月から典礼委員会による解説記事の連載も始まりましたので、参考にしてください。(教区ホームページ内、大阪カトリック時報のページでご覧いただけます。)

 なお、カトリック中央協議会においても、カトリック中央協議会典礼委員会監修の解説動画を公開する予定です。

 新しいミサ式次第と奉献文を通して、より豊かな信仰生活となるようお祈りしています。


以上

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

教区典礼研修会日時変更のお知らせ

2022年4月1日

教区の皆様

教区本部事務局
事務局長 崔周永

 +主の平和


 サクラの花も色づき、春の訪れを感じるこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

 さて、10月30日(日)に予定されていた教区典礼研修会ですが、日時が変更となりましたのでお知らせいたします。


大阪教区典礼研修会

当初日時:2022年10月30日(日)

変更日時:2022年10月23日(日)


 以上になります。よろしくお願いします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・